【バイク選び】250と400はどっちがいいの?維持費の違いを比較!パワーはどのくらい違うの?

ツーリング講座

今回はバイクを購入する際にライダーなら絶対に一回は迷うこの選択

250と400で迷っている人
250と400で迷っている人

できれば400がいいかな・・・でも維持費が400の方が高いって聞くし

でも400の方が加速は速いしいいなぁ

でも自分に維持できるかな?維持費は250の方が安いし、250で妥協してもいいか・・・

しかも400は車体も大きくて重たそうだし、こかしたらいやだな・・・

いやでも・・・・( ^ω^)・・・

はい、無限ループですよね笑

いちまる
いちまる

迷うなら250ccがおすすめです!理由を解説します

この記事を読んでわかること
  • 僕が250ccをおすすめする理由が分かる
    • 125も含め、維持費を比較してわかること
    • 400と走行性能の違いはどの程度あるのか
  • 400ccを選んだ方が良いのはどんな人か
    • 400ccにしかないメリットとは
  • 250ccでおすすめのバイクを紹介
  • いきなり大型はどうなの?
  • 免許のない学生が最速でバイクに乗る方法

✔この記事の信憑性

・僕は学生の時に普通二輪免許を取得し、学生時代からバイクを維持していました

・今まで125ccから1300ccまで様々なバイクを乗ってきた経験があります

・今では年間3万キロほど全国を走り回っています

ということで、行ってみましょう!

僕が250ccをおすすめする理由

いきなり本題です

結論、僕は250か400なら圧倒的に250をおすすめします

理由は以下です

僕が250ccをおすすめする理由
  • 維持費が安い
    • 単純に車体を所有するための価格が安い
    • 車体の市場価値が250ccの方が高い
  • 走行性能にそこまでの違いはない
  • 車体が軽く取り回しがいい
  • Uターンや小回りが利きやすい

です

この中で維持費について知りたい方が多いと思いますので解説したいと思います

維持費が安い

単純に車体を所有するための価格が安いということはもちろん

250ccには様々な経済的メリットがあります

それを紹介していきます

車体を所有して維持するための価格が安い

これはこの記事に来られた方は他の記事でも見てこられたと思いますがここでも紹介します

知ってるよ!って方は飛ばしてください

400と250の維持費の差を表にまとめましたのでご覧ください

えぇ、バイクってこんなに維持費かかるの。250でもきついし、、、

これに加えて消耗品とかカスタムもしたいし、こんなの絶対無理じゃん

はいはい、他のブログじゃこれ出して『250の維持費は安いよー!』で、終わりかもしれませんが!!

僕はしっかり安くする方法を紹介しますよ!笑

バイクの維持費を安くする方法

維持費を安くする方法は以下です

バイクの維持費を安くする方法
  1. 車検はユーザー車検を利用する(250に車検はありません)
  2. タイヤはツーリングタイヤを利用し、交換工賃が安い店を探す
  3. 任意保険は車両保険は入らない、対人対物無制限+弁護士費用特約で十分
  4. 任意保険は相見積もりを取り各社の価格を比較する(相場を知る)
  5. 125ccの任意保険は四輪の保険加入者はファミリーバイク特約が利用できる

です、順に解説していきます

車検はユーザー車検を利用する

車検と聞くとバイク屋さんに朝持って行って

車検を通してもらって、夕方に取りに行く

そんなイメージがないですか?

実は車検は自分で通すことができます

それをユーザー車検といいます

店で車検をお願いすると5万円以上かかる場合もありますがユーザー車検を行うと税金と手数料で3万以下で通すことができます

ユーザー車検の細かいやり方はそれだけで1記事書けちゃうのでここでは書きませんが『ユーザー車検 通し方』で検索してみてください

注意点としては以下です

ユーザー車検の注意点
  • 車検証の内容と異なるカスタムをしていると通らない
  • だいたい光軸で落ちるので事前にバイク屋(テスター屋など)で光軸調整をしてもらう
  • 事前予約が必要、平日のみ

です、難しいことはありません

事例を紹介します

車検証と異なるカスタムをしていると通らない

車検証の内容と異なるカスタムとはどんなものなのか

一例ですがこんな感じのカスタムが該当します

ユーザー車検が落ちるカスタム
  • 車幅が変わるカスタム
    • ハンドルバーエンドを極端に長いものや短いのものに交換
    • ハンドルの交換
    • ハンドル幅よりもはみ出しているパニアケース
  • 車高が変わるカスタム
    • 車高が極端に変わる社外ミラー
    • 旧車のまな板
  • 乗車人数が変わるカスタム
    • リアシートがない
    • タンデムステップを外すカスタム
  • ナンバーが見えない
    • ナンバーは決められた角度で横方向に取り付けられていないといけません
    • 裏ペタは違法違法といわれますが、既定の角度内ならOK
    • ナンバーフレームは年式によってNG
  • 爆音マフラー
    • 車検対応でも中のウールのへたりなどで落ちる
  • ウィンカー
    • 点滅スピードが遅すぎる、早すぎる
    • 照度が足りない
    • 隠れて見えない

この程度でしょうか?

これをすべてクリアしたからと言って車検が通るわけではないので注意してください

光軸で落ちるので事前にバイク屋で光軸調整をしてもらう

光軸とは前照灯(ヘッドライト)の角度です

この図を見てください

ヘッドライトはHIとLowで角度が決められています

この角度になっていないとLowにしているのに対向車がまぶしかったり

Hiにしているのに正面が照らせていなかったり

そんなことになってしまいます

なので車検に光軸がある訳です

じゃあ光軸はどうやって調整すればいいのか

特別な設備がいるのでバイク屋にお願いしましょう

ここでおすすめなのがいつものバイク屋でもいいのですがテスター屋というのが

車検場の近くにあると思います

そので光軸の調整をお願いすると500円程度で光軸調整をやってくれます

※あくまでも僕の近くの相場なので参考程度に

事前予約が必要、平日のみ

車検場(陸運局)は役所仕事です、平日しか受け付けてくれません

仕事などで土日しか休みがない場合は受けることができませんので注意しましょう

また、事前に予約が必要です

タイヤはツーリングタイヤを利用し、交換工賃が安い店を探す

上の表で結構大きいウェイトを占めるのはタイヤ代ですね

正直初心者の方は結構甘く見ていますが、バイクのタイヤは減りやすいしタイヤ代、工賃ともに高いです

ここを抑える方法は

・ツーリングタイヤを選ぶ

・工賃が安い店を選択する

です

ツーリングタイヤを選ぶ

まず、ツーリングタイヤとは何なの?というところから

バイクのタイヤはスリック→ハイグリップ→ツーリングの順にグリップ力が弱くなっていきます

逆にタイヤの消耗はツーリングが一番よく、スリックが一番減りが早いです

※スリックは公道で使用できません

僕の偏見ですが

公道で乗る限りツーリングタイヤで十分にグリップします

逆にこれで不足する走りをするなら暴走です。

サーキットなどを走行したいならハイグリップの選択はありだと思いますが

公道を走るだけならツーリングタイヤで十分です

むしろウェットグリップ(ぬれた路面でのグリップ)はツーリングタイヤの方が良いです

さらにタイヤの価格もツーリングタイヤの方が安いです

特に型落ちのツーリングタイヤはたたき売りをされています

性能の差はそんなにありませんので型落ちのツーリングタイヤはかなりねらい目です

ちなみに僕のおすすめのタイヤはミシュランのパイロットロード2です

そろそろ廃版になりそうですがめちゃめちゃお気に入りのタイヤで、今まで10回以上これをはいています

パイロットロード2のいいところ
  • 必要十分なグリップ
  • 大型バイクで1.5万キロ近いロングライフ
  • 価格も新型の半額以下
  • 倒しこみの癖がない

などが特徴のタイヤです

※あくまでも個人的な意見です

ですが僕の周りでもパイロットロード2をおすすめするライダーも多く、愛用者も多いです

[M125175]前後セット 2020年製 120/70ZR17 (58W) 180/55ZR17 (73W) ミシュラン パイロット ロード 2 MICHELIN PILOT ROAD 2 新品
工賃の安い店を探す

正直これは口コミを探すしかないです

大型チェーン店よりも個人店でタイヤ持ち込み可で探すと安い店を見つけやすいと思います

任意保険で車両保険は入らない、対人対物無制限+弁護士費用特約で十分

任意保険はバイクに乗る、車に乗る場合は必須の保険です

強制加入の自賠責(自動車賠償責任保険)でカバーできない部分を補填する目的で加入します

任意保険は様々なプランや特約がありわかりにくいと感じる場合も多いと思いますが

僕は【対人対物無制限+弁護士費用特約】

で十分だと思います

理由を解説します

対人対物無制限とは

対人対物無制限とは、事故した場合の相手に対する補償です

事故した相手の人がケガをして入院や手術した場合の治療費、死亡したり障害が残った場合の慰謝料などの補償です

これには億の単位を請求される場合もあり

自賠責(強制加入の公的保険)だけでは到底足りず、これは絶対加入しましょう

入っていないと、人生終了します。

弁護士費用特約とは?

弁護士費用特約とは

相手方ともめた場合に間に弁護士を立てる場合にその費用を保証してくれるものです

弁護士費用は100万円以上かかる場合もあり、加入しておいた方が良いです

相手と素人同士が直接話し合ってもいい結果は絶対ありません

さらにもめる場合も往々にしてあります

そんな場合に弁護士に依頼できるのは話し合いをかなり優位に進めることができます

これ以外は不要

え?搭乗者傷害は?車両保険は?

ちょっと詳しい方ならこの意見が出てきそうですが

搭乗者傷害は不要です

※搭乗者傷害補償とは運転していた自分や後ろに乗っていたタンデマーがケガした場合の補償です

なぜ不要かというと、日本に住んでいる限りみなさん最強の保険にもう入っています

それが国民健康保険、もしくは社会保険です。

日本では国民皆保険制度と言って全員がこの保険に加入しています

医療負担は3割だけでいいし

障害が残った場合の補償や働けなくなった場合の補償もあり

月の医療費が一定額を超えた場合はそれ以上払わなくていい高額療養費制度もあります

きつい言い方かもしれませんが

この保険があっても治療費を払えないような経済状況ならバイクを買うより先に貯金をするべきです

車両保険も不要です

車両保険に入っておきたい理由としてローンのみが残るから

という人がいると思います

ただ僕が思うのは

借金をして買って、借金が残るのが怖いからさらにお金を払って安心を買う

なんかおかしくないですか?

と思います

入りたい方は入ったらいいと思いますが僕は不要だと思います

結局使うと保険の階級が下がり使用した方が高くつく場合が多いです

唯一検討するのは盗難保険でしょうか?

盗難の多いバイクや治安の悪い場所に置く場合は入ってもいいんじゃないかと思います

任意保険は相見積もりを取り各社の価格を比較する(相場を知る)

保険に限ったことではないですが何かを買うときは相場を知ることが大切です

理由は相場を知らないで一社の見積もりのみで契約してしまうとそれが高いのか安いのかわかりません

例えば、自動販売機のペットボトルが500円だと高いな!と思いますよね

あれはみなさん150円が相場ということを知っているから高いな、と思うわけです

なので相場を知る必要があります

じゃあ相場はどうやって調べればいいのか

一社づつ見積もりを依頼するのか・・・

それはさすがにめんどくさいですよね

なので、合い見積もりを利用しましょう

合い見積もりは一個のサイトに契約したいバイクの情報とプランを入力すると数社に見積もり依頼をしてくれるサービスです

これをしたからと言って契約しないといけないわけではないので気軽に利用してみてください

125ccの任意保険は四輪の保険加入者はファミリーバイク特約が利用できる

ちょっと今回の趣旨とはそれますが125ccが維持費最強と言われる理由が主にこれ

先ほども話しましたがバイクの維持費の中で任意保険はかなり大きなウェイトを占めます

そんな中で125cc以下はファミリーバイク特約が使用できます

ふむふむ。

って、ファミリーバイク特約ってなんだよ!!

ファミリーバイク特約とは、バイク以外に家族や本人が四輪の任意保険に加入している場合に

四輪の保険に特約として加入するものです

バイクだけで加入するわけではないので格安で加入することができます

価格は対物無制限で月700円ほど・・・・

いや安すぎぃ

維持費では本当に125ccは最強です

デメリットは高速に乗れない程度で最近は走行性能も高く100km/hは全然出ます

その辺の四輪よりは全然早いので学生なら125ccという選択肢も全然ありです

と、いうことでここまで250の維持費について書いてきました

ここからは話を本題に戻して、250ccがおすすめの理由を続けて書いていきます

車体の市場価値が250ccの方が高い

新車価格は400の方が高いのに中古になると250の方が高い傾向があります

たとえばNinja250とNinja400を見た場合

新車価格は400の方が高いですよね

でも中古市場では250の方が高価です

なぜなら250の方が需要があるからです

需要があればそのものの価格は上昇します

需要がなければその価格は下落します

学校で習いましたよね

わかりやすい例として

最近のコロナショックでマスクの価格がおかしいくらいに上昇しましたよね

これはみんなマスクを欲しがったためです

転売ヤーだけのせいではなく需要があるため当然のことだったのです

逆に、新車では高いプリウスですが、中古だとかなり安く出売られていますよね

あれは中古市場にプリウスの需要が少ないためです

大体言いたいことが分かってもらえたと思います

みんな400ccの車検や税金といった維持費を嫌って250ccが欲しいため

中古市場も250ccのほうが人気です

中古市場が高値ということは

売るときに250の方が高値が付く、ということです

バイクは車と違って趣味性が高いため人気の車種は中古でもかなり高値で取引されます

特に最近は250ccフルカウルがとても人気が高く中古もすごく人気です

こういう人気車種を選ぶと損しにくくなります

でもまぁバイクは趣味の乗り物なのでこんなことで選びたくない気持ちもわかります笑

400ccを選んだ方が良い人

先ほど、250と400の維持費の差の話をしました

この図ですね

年間5万円の差があります

ここまでかけて400に乗る価値があるんでしょうか?その価値があるのかは個人の価値観ですので以下の点を考慮して判断してみてください

400が250よりも優れる点
  • 動力性能がいい
  • 4気筒のバイクの選択肢が多い
  • アメリカンの選択肢が多い
  • 重量がある程度あり走行中は安定する

このようなメリットを年間5万円で買うのかどうかということになってきます

順に詳しく紹介します

動力性能がいい

排気量が大きいのでもちろん動力性のは高いです

馬力も明確な違いがスペックに現れています

スペック表の見方はこちらの記事も参照ください

↑内容はちょっと難しいです

確かに数字には明確な違いがあります

じゃあ実際乗ってみたらどうなのか

すっごく変わる訳ではありません!

さすがにエストレア250とNinja400とかを比較するとかなりの差ですが、根本的にバイクの趣旨が違いますので比較するべきではないですね笑

Ninja250とNinja400は圧倒的な差はないです

排気量が分からず乗って、それが250か400か当ててと言われても素人には無理です

そんな程度です

正直日本の下道なら250でもフルスロットルにするシチュエーションはありません

高速では250では確かに非力ですが100キロで巡航などは余裕でできます

まとめると

動力性能だけで見た場合は【高速をハイペースだ走りたい!】という方は400がいいでしょう

4気筒の選択肢が多い

400ccには4気筒の選択肢がたくさんあります

4気筒って?という話はここで書くには長くなるのでしませんが

こちらのYSP横浜戸塚さんの動画でわかりやすく解説されています

基本的に4気筒のエンジンははスポーツモデルに採用されることが多く高速走行が得意

音もレーシングカーのようでかっこいいことから4気筒が人気です

そんな4気筒のエンジンは機構が複雑で高価になることから、あまり250ccに採用されていません

2021年4月現在で新車で買える250cc4気筒はカワサキのZX-25Rだけです

中古だとホンダのホーネット250、CBR250RR(古い方)、カワサキのバリオス250、スズキのバンディット250などがありますが

250cc4気筒は人気が高く中古価格も状態に比べるとかなり高価です

ZX-25Rは唯一新車で買えてかなり人気があります、これが買えるならこれにしましょう!個人的にかなりおすすめです笑

話がそれましたが

400ccとなると4気筒がたくさんあります

新車ではホンダのCB400シリーズがあまりにも有名ですね

400をおすすめしないとか言っていましたが初めてのバイクにCB400の中古ならありでしょう

本当に素直なバイクで乗りやすくそしてクラスを超える動力性能、中古価格も安定しており、習熟した車体は無駄がなくトラブルも少ないです

他にはヤマハのXJR400も最近まで新車で出ていたので新しいものを選べば全然大丈夫でしょう

カワサキからはゼファーχがありますが族車として有名で中古も高いためあまりお勧めしません

まとめると

中型免許で4気筒がいいなら400ccの方が良いでしょう

おすすめはCB400年式が新しいXJR400

250ccならZX-25Rです

アメリカンの選択肢が多い

400ccになるとアメリカンが多くなります

もちろん250ccにもアメリカンはあります

ドラッグスター250やマグナ250,ビラーゴ250などですが

どれも小さいんですね

大きく迫力のあるアメリカンに乗りたい場合は400ccになってしまいます

重量がある程度あり走行中は安定する

先ほど高速は多用する場合は400がいいと書きましたが

その理由にこちらもあります

バイクは軽ければ軽いほどいいと思われがちですが

実はそんなこともなく、ある程度重い方が安定して走ることができます

特に高速道路などは顕著で、横風や路面のギャップですぐにバランスを崩す軽量バイクに比べ

ツアラーなどの重量級バイクは動かざること山のごとし。というような風格で走行しています

あれは重量があってこそのなせる業なわけです

こと250と400を比較すると400の方が重量がある場合が多いです

なので400の方が走り出したら安定する場合が多いです

すべて当てはまるわけではないので注意しましょう

250ccでおすすめのバイクを紹介

はい!僕の独断と偏見で超おすすめのバイクを紹介します

おすすめする基準として

バイクをおすすめする基準
  1. 維持コストが安い
    • →故障が少ない
    • →消耗品がすぐ手に入る
    • →消耗品が汎用部品である
  2. 見た目がかっこいい(完全に僕の主観です笑)
  3. 売るときに高値が付く(乗り換えやすい→大型に行きやすい)

Kawasaki ZX-25R

今250ccフルカウルを買うならこれでしょう!一番熱い250だといっても過言ではない!

理由はやはり唯一無二の新車で買える250cc4気筒

一回走っていのを見ましたがなんて胸の躍る音なんでしょう

めっちゃほしいです←

他にも、リセールは最強に良いでしょう

見た目もかっこいい!上位モデルのZX-6Rとほぼ同じ見た目をしています

なので、いま250フルカウルで選ぶならこれ一択

確かに高いですが売るときも高いです

総合的に見たら一番安くなるのでは?と思います

なので、僕はフルカウルではZX-25Rを激推しします

YAMAHA レブル250

アメリカンスタイルならレブルでしょう

こちらは結構新しいモデルですが、2020年一番売れたバイクらしいです

売れている理由としてカスタムのしやすさがあります

もちろん純正もかっこいいですが社外部品の豊富さからカスタムのベースとして選ばれる場合も多いようです

こちらも人気車種ですのでリセールが良いです

YAMAHA SEROW

オフロードからはセローでしょう

これは誰も文句ないと思います

僕も乗っていました

本当に良いバイクです

理由は、オフロードバイクといえばとりあえず車高が高くタンクが小さい

シートも硬くお尻が痛くなる

そんな概念を崩したバイクです

セローは車高が低く両足がつきます

なので砂利でも両足を着いて走行することができ安心感があります

セローのコンセプトに二輪二足というものがあり、これにあたります

また、シートも柔らかくある程度の幅も確保されていて疲れにくいです

タンクも確か8Lあるので、30km/L程度走るセローなら240km巡航できます

これだけはしれれはツーリングにも全然使用できます

僕はセローで北海道ツーリングに行きましたが何の問題もありませんでした

むしろUターンなど小回りの利くセローはかなり頼りになる存在でした

HONDA VTR250

ネイキッドからはVTRをおすすめします

これはCB400の250バージョンといってもいいでしょう

んといっても素直で運転しやすいホンダのバイクといった感じです

信頼性も折り紙付きで故障しらずです

燃費も35程度行くと乗っている友人が話していました

決して早いバイクではありませんがツーリングユースならこれ以上のものはないんじゃないでしょうか?

いきなり大型はどうなの?

うーーーーーん。

僕はまったくお勧めしませんが、、、、

どーーーーーーーうしても我慢できない場合はいいんじゃないでしょうか?

乗りたいバイクが大型でそれに乗るためにバイクの免許を取る!って方も多いと思います

ただ注意してほしいのは

大型はただ大きくて重いだけではありません

そのパワーをコントロールするためのテクニック

そのパワーを抑える自制心

この二つが必須です

有り余るパワーから、ラフにアクセルをあけると後輪がスリップすることもあります、フロントが浮き上がることもあります

重量も重く傾きだすと人力ではどうすることもできません

もちろん価格も高いので修理代もかかります

維持費も400ccに上乗せして年間+3万程度はかかるとみていいでしょう

ここまで聞いて、それでもいきなり大型が乗りたい!というならそれでももちろんいいと思います

なぜ僕がここまで止めるか

そう

自分がそうだったからです笑

125→1300に行きました

その重さに何回も立ちごけました

アクセルをあけすぎてタイヤをスピンさせてこけたこともあります

本当にいきなり大型は後悔しました、半年で降りてセローを買いました笑

経験からまずは250で十分バイクに慣れてから大型に行くことをかなーーーーりおすすめします!

いやまじで、バイク嫌いになっちゃいます・・・

学生が最速でバイクの免許を取る方法

この記事を読んでくれてる方は学生の方も多いんじゃないでしょうか?

バイクは買えなくても免許だけは学生時代に取っておくことをおすすめします

社会人になってしまうと休みがなく、教習に行く時間が限られます

せっかくの休みを教習に使かってしまうのはもったいないですしね

免許を取りたい学生
免許を取りたい学生

って言っても学生はお金もないし

長期休みはあるけどその期間でとれるかも心配・・

まぁ確かにそうですよね

そんな場合は合宿免許をおすすめします

合宿免許とは

数日間泊りがけで教習を受けに行き

ガッツリ教習漬けの日々を送り、免許を取る方法です

これならかかる日数も少なく、何より安く取れるのが魅力的です

全国の合宿免許はこちらのサイトから検索できますので探してみてください!

結構たくさんありまする、めちゃくちゃ安いです

まとめ

以上になります!

簡単に短くまとめれたかな?

なんやかんや9400文字( ^ω^)・・・

じゃあまとめ行きます!

まずは250ccがどのくらい経済的メリットがあるのか話しました

こちらの図ですね

250ccは125よりも8万高いですが400ccよりも5万安いです

意外とバイクの維持費は高くつくので維持費を抑える方法も解説しました

それがこちら

バイクの維持費を安くする方法
  1. 車検はユーザー車検を利用する(250に車検はありません)
  2. タイヤはツーリングタイヤを利用し、交換工賃が安い店を探す
  3. 任意保険は車両保険は入らない、対人対物無制限+弁護士費用特約で十分
  4. 任意保険は相見積もりを取り各社の価格を比較する(相場を知る)
  5. 125ccの任意保険は四輪の保険加入者はファミリーバイク特約が利用できる

でしたね

特に大きなウェイトを占める

任意保険、タイヤは下げていきたいところです

任意保険は対人対物無制限+弁護士費用特約で十分とも話しました

次に車体の市場価値の話もしました

250ccは人気があるため中古価格が高く、売るときにも高く売れるという話でした

のちのち大型に行きたいと考えている人はなお250がいいですね

400を選んだ方が良い人はこんな人でした

400を選んだ方が良い人
  • 高速道路を使って長距離を走ることが多い人
  • 4気筒のバイクがいい人(ZX-25Rは嫌な場合)
  • 大きいアメリカンがいい人

いきなり大型バイクはお勧めしない理由も話しました

大型バイクはその重量から取り回しに慣れていない人は立ちごけしまくります

また、有り余るパワーをコントロールできず、ホイルスピンで転倒、スピードが出すぎてコーナーを曲がり切れず転倒など、いきなり乗るにはリスクが高いと話しました

これは僕の過去の経験(125→1300に行った経験)から話しています

学生が最安最速で免許を取る方法は合宿免許をおすすめ、という話もしました

なぜなら長期休みは学生の特権ですし、就職してからでは免許を取るのにかなり手間です

宿免許の探し方はこちらのサイトが見やすくていいです

以上です!

この記事でこれからバイクを買おうと思っている人の参考になれば幸いです!

ではまた

ichimaru

今まで北海道を7周、九州を4周、国内を合計20万キロ以上旅してきました。そこで感じたのが
『バイク旅の魅力をもっと広げたい』
でした。大好きなバイク旅の魅力を余すところなく伝えるために頑張ってきます!

SNSで更新情報などを発信中!ぜひフォローお願いします!
ツーリング講座
シェアする
SNSで更新情報などを発信中!ぜひフォローお願いします!
社畜ライダーの旅日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました